車検はどこに持って行けばいいの?意外に知らない車検のあれこれ

車検ってなんだろう?

車検については概ね知っている方がほとんどだと思います。お持ちの車が現状走行して問題ありませんよ、と各地域の陸運支局が許可を出すための検査です。車検には必ず検査してパスしなければならない箇所が幾つかあります。それはタイヤの溝やライトの点灯、排気ガスの二酸化炭素含有量など様々ありますが、それらをクリアしなければ車検は通りません。また、普通自動車では新車購入から3年後が初回車検、それ以降は2年おきに車検を通す必要があります。

車検でどこで受けられるの?

これは色々な所で受ける事が可能です。ガソリンスタンドやカー用品店、正規ディーラー、はたまた町の自動車整備工場(許可を持つ工場)ならほとんど受けられます。または、直接管轄の陸運支局に持ち込むのも可能です。

どこに持って行くのがいいの?

安さで言ったら陸運支局に直接持ち込みです。税金以外はあまり掛かりませんが、それでも普通自動車の場合、5万円前後は必要でしょう。また手続きが面倒くさかったり、ある程度車に異常が無い事を確認してからでないと二度手間になりかねません。お手頃価格と利便性で云えばガソリンスタンドです。必要最低限の点検がセットになっているプランが売りです。ディーラーの場合は料金が高いと言われますが、丁寧な整備と安心感、予期せぬ修理があった場合の迅速な手配は魅力です。また、最短1時間程度で終了してしまうのもポイントです。

車検整備後の注意点!

車検は整備や手続きが終わっても安心してはいけません。継続手続きのなされた車検証と、フロントガラスに貼るステッカーがセットで揃わなければならないのです。陸運支局への持ち込み以外は1週間程度で新しい車検証とステッカーが届く筈ですから、車検を受けた所から連絡を待ちましょう。

車検の料金は、大きく分けると車検費用と法定費用に分けられます。法廷費用では車両重量によって重量税が異なるため、車の総重量によって料金も違ってきます。