車検を受けるときにはどれぐらいの費用がかかるか

法定費用はどれぐらいかを知っておく

車検を受けるのならば、法定費用はどれぐらいかを知っておくことが重要になります。基本的に、どこの業者で受けても法定費用は必ず払わなければなりません。法定費用とは、重量税と自賠責保険、印紙代の3種類を言います。これらは、車の重量や年式の古さによって金額が異なりますが、普通自動車であればおよそ合計4万円位になると考えておけばよいでしょう。

重量が2トン以上ある車は、重量税が数千円高くなります。また年式が古い車は、重量税が高くなるため、車検のことを考えるならば、出来る限り古い車ではなく新しい車に変えた方が良いです。基本的に、登録から13年以上経過した車は重量税が高くなります。

業者に払うお金がずいぶんと異なる理由

車検の時は、法定費用以外にも業者に払うお金が必要になります。業者に払うお金は、およそ2万円から6万円位になるのが普通です。例えばディーラーの場合であれば6万円位取られることが多くなります。ですが、ガソリンスタンドやカー用品店の場合であれば、2万円から3万円くらいしかかかりません。

このように見ると、費用が安いカー用品店やガソリンスタンドで車検を受けた方が良さそうです。ですが、料金が違うのはそれなりにしっかりとした理由があります。通常ディーラーで車検を行う場合、点検整備も一緒に行ってくれます。車検とは点検整備ではないかと勘違いしている人もいますが、車検は点検整備を意味するわけではありません。車検は、保安基準に適合しているかどうかを見るだけですので、車検を受けたときに必ず点検整備をするわけではありません。費用の安いところは、点検整備は行わないため、自分で行うか、別途別の機会に行う必要があるでしょう。

車検を軽自動車で受けるなら事前に相場と最安値をチェックすると良いです。利用する店舗が自分に合っているか知ることができます。